肩甲骨体操でバストアップ

肩甲骨体操でバストアップをしましょう。バストにハリをもたせて上向いたきれいな形にするのには筋肉が必要になります。

バストアップ体操で鍛えるのは肩甲骨です。肩甲骨の周りは普通の生活ではあまり動かすことがありませんが、肩甲骨体操で周辺の筋肉を鍛えればバストアップ効果があるのです。

腕を前に伸ばして目の前で手を組みます。肘をしっかりと伸ばします。息を吐きながら、姿勢を保持したままで肩甲骨を開くイメージで、組んだ手を前に伸ばします。そこで止めて息を吸います。手を組んだままで息を吐きながら元の姿勢にもどります。

次は、肩甲骨を中心に引き寄せる感じで肩を後ろに引きます。息を吸って元の姿勢に戻ります。この動作を5セット、朝晩にしましょう。

別の体操では手のひらを肩の上に乗せます。それから肘で大きく円を描くようにぐるぐると回します。前回しと後ろ回しを5回ずつ2セット朝晩に行いましょう。

さらに、別の体操では両手を水平に伸ばします。手のひらは軽く握ります。肩甲骨を意識しながら、肘を伸ばしたまま、ぐるぐると大きく回します。この動作を前後5回ずつ2セット、朝晩に行いましょう。

肩甲骨体操はこのうちのどれかを毎日行うのですが、ポイントは肩甲骨を意識して動かすことです。

もちろん、これらの体操を全部行ってもかまいませんが、決して体や肩甲骨に無理が無い程度にしましょう。大切なのは毎日朝晩の2回行うことです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。