便秘に効く体操

便秘に効く体操で腹筋を強化して腸の働きをとり戻すようにしましょう。腹筋の力が弱ると大腸が下垂して腸本来の機能が果たせなくなるのです。

腹筋をきたえるなどというときつい運動と思われるかもしれませんが、軽い体操で十分なのです。ただし、できるだけ習慣にすることです。

例えば朝起きた時や寝る前にするとか、日常生活の一部にとりいれるのが大切なのです。便秘解消体操が習慣になれば、便秘の予防にも役立ちますし、血液の循環がスムーズになり新陳代謝も活発になります。また、自律神経の働きが改善されるので、便秘になりにくい体質になります。

便秘に効果的な体操はうつぶせです。うつ伏せになって、両手を顔の下におきます。両ひざを伸ばしたままで左右の脚を大きくゆっくりとバタ足をするようにします。左右交互に上げ下げします。慣れてきたら30回くらいしましょう。

今度はひざから下をバタバタさせてお尻を左右交互に30回ほど叩きます。また、便秘に効果的な体操はボート漕ぎです。床にひざをのばして座り、両手をまっすぐ前に水平に上げます。上体を前にたおしながら、手を前の方へ伸ばしましょう。それから体を起こして手を胸に引きつけ身体を少し後ろまで傾けます。ボートを漕ぐイメージでこれを30回くり返します。

便秘に効果的な体操にはひねり運動もあります。あお向けに寝て、両手を横に大きく広げます。それから両ひざを立てて、つま先立ちになり、息を吐きながらゆっくり膝を左側にたおし、顔を右側に向けます。少ししてから息を吸いながら元に戻ります。これを左右交互に行います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。