高齢者のための嚥下体操

体操も広義な解釈をすれば色々で、高齢者のための嚥下体操もあります。そして、最近では高齢者が引き起こす誤嚥性肺炎を防ぐためにこの嚥下体操が注目されるようになっています。

嚥下とは水分や食べ物を飲み込むことですが、高齢になるとどうしても嚥下機能が低下しますから、うっかりすると気管や肺などに食べものが入ってしまいますが、これを誤嚥と言います。

嚥下体操にはいろいろな方法があるようですが、食事の前に体をほぐして口を動かし易い状態にさせるので、いわば食事の前のウォーミングアップ体操です。

高齢になると嚥下機能が低下しやすくなりますが、それは歯が少なくなる、唾液の分泌量が低下する、飲み込みの反射が遅くなるなどと、むせる反射が出にくくなり、同時にむせる勢いが弱くなるや食べることへの集中力が弱まるのが原因です。

高齢者のための嚥下体操は、ここでは詳しくは述べることが出来ませんが、食べ物の飲み込みを良くしてむせ込みを防ぐために朝昼晩の食事前に5分間ほど行う体操です。これは5分もしないで2、3分でも効果があるとされています。

いずれにしても高齢者向けの体操ですから激しい動作はありませんし、口を動かすことが基本のようです。そして、大切なのはこの嚥下体操を必ず食事の前に行うことです。それにより食べ物の飲み込みが防げるのですから、なるべく早く広まると良いのではないでしょうか。

蛇足ですが、嚥下体操にも色々ありますから、興味がある人はインターネットや書物をご覧になることをお勧めします。誰でも歳をとっても元気で毎日を過ごしたいものですし、家族に心配をかけたくはありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。