サラリーマン体操とは

サラリーマン体操とはどんな体操なのでしょうか。早い話がサラリーマンが毎朝起きて出勤の身支度をするためにとる行動を体操に置き換えているような感じではないでしょうか。

そして、サラリーマン体操の動きはかなりハードでテンポが速いようです。まず朝起きると両足を上へ持ち上げる運動などがありますが、大体3人で同じポーズをとるようです。

いずれにしてもサラリーマン体操はNHKの放映番組などから知られるようになったので、正式な動作のメニューは定かではありませんが、要は毎日朝早く起きたら体を動かしてその日の職場で威勢よく、元気良く仕事をするための前準備ということでしょう。

サラリーマンは気楽な商売だった時期も日本にはありましたし、とかくサラリーマンと言う言葉からは夕方家へ帰る前に居酒屋で一杯というイメージが強いのですが、サラリーマン体操はそのようなネガティブな面ではなく、バリバリ仕事をこなすサラリーマンのイメージです。

しかし、ここまで背広を着たサラリーマンが寝床の中にせよこのような体操を実践するかどうかは大いに疑問です。また、目が覚めていきなりかなり過激な動きをするのも体に良くありませんね。

その意味で、サラリーマン体操はテレビで観るショー的な要素がないとは言い切れないでしょう。しかし、そこで行われている体操の動作は体を鍛えるのには良いものですから、もしかしたら実際にサラリーマン体操を寝床でしている人も居るのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。