体操用品あれこれ

体操にも色々ありますが、体操も徒手体操以外は体操というよりは体操競技になりますから、広い意味での体操用品は実に幅が広くなります。

体操用品あれこれを考える時にまず思い浮かぶのがラジオ体操ですが、この体操用品は運動靴と体を動かし易い衣服があれば事足ります。強いて言えば後はタオル程度でしょう。

しかし、選手が競技として行う体操では、鉄棒、平行棒、平均台、鞍馬、跳馬、吊り輪、段違い平行棒、床マットなどがあります。

選手でなくても小学校からの学校の体育館には跳び箱や棒等もありますね。運動会の玉入れも体操用具になるでしょうから、体操用品は沢山あります。

そして、ドッジボールをはじめとする球技も体操の流れだと考えるともう数え切れないほどの体操用品があることになります。

要はどこまでを体操と考えるかによって体操用品の定義が分かれるのですが、もしジョギングやウォーキングも体操と考えればジョギングシューズやウォーキングシューズも体操用品になります。

さらに新体操を体操とすれば新体操で着るレオタードも体操用品になりますし、水泳を体操として考えれば水着も体操用品になります。

このようにして体操用品を考えると、ダンベルとかスポーツジムに備えてある各種のトレーニングマシーンも矢張り体操用品ですね。器具を使ったりボールを使わないのであれば体操用品の範囲はぐっと狭まりますが、それを拡大解釈すれば体操用品の世界は相当幅が広いものになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。