新体操クラブは沢山あります

クラブやフープ、リボン、 ロープ、ボールなどを華麗に操ってリズミカルに動くのが新体操ですが、新体操クラブは沢山あります

新体操には女子種目と男子種目があります。女子種目は柔軟性が高く華麗な演技に特徴があり、男子種目は宙返りなどのタンブリングや力強い演技に特徴があります。

女子種目ではロープ(縄)、フープ(輪)、ボール(球)、クラブ(こん棒)、リボン(帯状布)を使い、団体演技と個人演技、自由演技に分かれていますが、それぞれの競技時間もそれぞれに異なります。

そして、新体操は小学生から大人までが出来る体操ですから、全国に沢山ある新体操クラブには小さな子どもから大人まで幅広い年齢層の会員が所属しています。

新体操では団体も個人も音楽の伴奏が必要ですが、競技会はその年度の定める方法で演技が行なわれます。ただし、音楽の伴奏では歌詞の入った曲や動物の鳴き声が入った曲、あるいは激しい音が入った曲は禁止されています。

男子種目は日本が発祥のスポーツですから、日本がリーダーシップをとっています。2000年からは本格的に指導者を海外に送り出していますが、2003年に日本、マレーシア、韓国、カナダが国際大会に出場しました。2005年にはアメリカ、オーストラリア、ロシアが出場しましたから今では国際的な体操と言えるでしょう。

新体操の競技の服装(女子)はレオタードを着用して足にはハーフシューズを履くことが多いよいですが、テクニックに併せて美しさも競技のポイントですから、体操着にはデザインや色、装飾などに様々な工夫がなされています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。